So-net無料ブログ作成
検索選択

第8話 ニーズ  [マンションGETで300万返済]

「○○さんには、正直、この物件を購入して頂きたくはないんです」

そんなビックリな切り出し方に驚いたわけだが、

この日を境に、僕の借金人生は形成逆転の様相を呈することになった。



田所さん(仮名)は続けた。





「ただ、最悪、○○さんにご購入して頂くことも視野に入れておきたいワケなんです」


最悪とはよく言ったw



そう、田所さん(仮名)曰く、

出来れば他の見込み客に売りたい。
けれど、他の見込み客が最終的に買わなかった場合、
つまり、もうこれ以上、見込み客いなくなっちゃったよ、おいおいどうしよう?
売れ残っちゃうぞ、この1部屋!!

という状況に、最悪、なっちゃった場合は、お願いするかも、という話だった。




そう、販売会社は、物件によっては、売り主(マンションを建てた会社または人=いわゆるマンションオーナー)と
「いついつまでに、全室を販売完了して、○○億○○○○万円をお支払する」
という契約だったり、そうつまり、販売期日的なものを設けている(場合がある)ワケで、


物件によっては、(買い手がキャンセルしたり、借り入れが出来なくてローン組めなかったり)
何らかの理由で、「売れ残り」が発生して、ギリギリ値引きして売ろうと必死になるけど
それでも何らかの理由で、やっぱこの最後の1戸だけ売れねえよ、どうしよう!?
ってことになって、最悪、身内(会社の関係者だったり、関連会社や弱みを握っている下請け先企業など)
に買わせたりなんてこともあるらしい。(あとから知った)

で、それはほんとの最悪なので避けたいワケで、そういうときのために
つまり、本当に売れ残った場合に、「仕方なくコイツに買わせよう」的な
売り手側のリスク回避対策であり
保険であり
そう、つまり最後の使いたくない切り札=ジョーカーってワケだ。




で、今のところ、どうやら、今日みせてもらったモデルルームが売れ残りそうで
この部屋を検討している見込み客も3組ほどいるが、ちょっと危ういので

(自分のように金銭的に危ういのではなく、この物件ではなく他社の物件に流れる可能性もあり)

最悪、この僕に買ってもらわざるを得ない、という可能性もあるので

「本当は嫌だけど、いざとなったら買えるように、準備を進めておきましょう」

って話だった。




対象の物件は都内でも人気の○○○○線のこれまた人気主要駅から、駅徒歩○分、
新築2LDK、たしか3○70万円ほど。
リビングにはガス式床暖房、大理石キッチン、大理石玄関、風呂は大きめサイズ、
対面キッチン、オートロック、24時間ではないけど有人管理、
ちょっと変わった間取りのオシャレな間取り、明るいフローリング。



そんな物件を
消費者金融7社に合計300万円の借入あり、
貯金皆無なので、頭金ゼロ、

そんな僕が「購入できるように、準備を進める」
というワケだ。



ここで思うのが

・頭金ゼロ、でいいの?
住宅ローン組めても、ただでさえ今現在、月々の返済が16万円くらいあるのに、無理じゃね?
 (毎月、消費者金融に16万円返済+家賃72000円、光熱費で、そりゃもうヒーヒー言っているのに)
・そもそもローンは組めなくね?


頭の中は?マークだらけだった。


が、世の中は面白いもので、正当法とは違う、裏技ってもんがあるらしい。



その具体的内容は、次回、第9話 対策にて。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。